インプラントにするメリットは、残っている自分の歯を削っ て負担をかける必要がないことです。インプラントにするデメリットとしては、インプラント体を 顎の骨に埋め込むための外科的な手術を必要とする点です。 しかし、一般的には…

続きを読む

ブリッジは、両隣の歯を支えとして、文字どおり橋をかけて、失くした歯を回復する治療法です。ブリッジは、取り外しの必要がなく、 自分の歯に近い装着感を得ることができます。また、 日本では、材質等に制限がありますが、健康保険で…

続きを読む

大阪市東成区 緑橋のともファミリー歯科鷹尾です。 私たちの歯はとても丈夫で、歯の根っこ(歯根)さえしっかりとしていれば、たとえ虫歯などで歯の口の中に見える部分(歯冠)の大半がなくなって も土台を歯根にさし込んで、かぶせ物…

続きを読む

唾液は、食べ物をきちんと飲み込むために必要不可欠なものです。お口の中を洗浄したり、異物を流したりする効果もあります。唾液は唾液線と言う巨大な分泌先から分泌されます。ところが、加齢とともに唾液が出にくくなり、お口の中が乾き…

続きを読む

オーラルフレイルを進行させず、要介護や寝たきりに進むことをくい止めるにはどうすればいいでしょうか。「口の健康への意識の低下」「口のトラブルの連鎖」「口の機能低下」の段階までは、地域保険事業や医師、歯科医師の介入と日々の努…

続きを読む

皆さんは「8020運動」をご存知でしょうか。20本以上の歯があれば食生活にほぼ満足できるということから80歳になっても20本以上の歯を保とうという運動です。 1989年に始まった8020運動は、開始から30年となる201…

続きを読む

 フレイルを直訳すると”虚弱”ですが、ここでお話しするフレイルは「高齢者における健康状態と要介護状態の間に位置する虚弱な状態」を指します。 この「フレイル」から健康な状態の方へ少しでも戻すことができるかどうかで、将来要介…

続きを読む

 お口の機能を衰えさせる主原因である、自分の歯の数と認知症の関係を調べた研究があります。  認知症の認定を受けていない65歳以上の高齢者を対象に4年間の観察研究を行い、性別・年齢・生活習慣に関わらず、自分の歯がほとんど残…

続きを読む

オーラルフレイル対策にもっとも大切なのは、「その兆しにできるだけ早く気づく」ことです。早めに対処すればするほど、健康な状態へと戻るスピードも速くなります。歯科は、「歯が痛い」「詰め物が取れた」など、明らかな不調があるとき…

続きを読む

日本では学校教育が終わると、歯科検診も終わってしまいます。その後、歯のメンテナンスは個人にゆだねられており、20代では歯や口の機能に気を使うことを忘れてしまい、将来オーラルフレイルに進む素地を作ってしまうことが往々にして…

続きを読む