フレイルを直訳すると”虚弱”ですが、ここでお話しするフレイルは「高齢者における健康状態と要介護状態の間に位置する虚弱な状態」を指します。

この「フレイル」から健康な状態の方へ少しでも戻すことができるかどうかで、将来要介護状態になることをできる限り先延ばしして、年齢を重ねても自立した生活ができ、健康を維持して人生を楽しむことができるかどうかが決まります。

社会性とフレイル

 フレイルは筋力の低下など身体的なことだけが関係するわけではありません。サルコペニア(加齢による筋肉量の減少)やロコモティブシンドローム(運動器症候群)のほかに、心理的・認知的な虚弱であるうつや認知機能の低下、そして社会的な虚弱である閉じこもり、孤食(1人で食事をとること)なども含まれています。

 身体的、心理的・認知的フレイルに深く関わるのが社会的フレイルです。

 定年により仕事から離れたり、配偶者との死別をきっかけに社会との繋がりが希薄になる人が少なくありません。加齢によるケガヤ病気で外出の頻度が減ったりすることも要因になりえます。さらに家族と離れて暮らしている、親友が引っ越してしまう、亡くなってしまうなど、社会性を失う要因は多岐にわたります。

 人と接する機会が少なくなることは認知機能の低下に影響します。家の中に閉じこもるようになれば身体を動かす機会が減り、身体機能も衰えてしまいます。また、孤食によって食べることへの関心が薄れ、遠洋業態に問題を及ぼすこともあります。

 こうした社会的フレイルが身体的フレイル、心理的・認知的フレイルを次々と引き起こし、要介護、寝たきり状態へとドミノ倒しのように進んでしまうのです。

お口の機能の虚弱化「オーラルフレイル」

 オーラルフレイルとは、お口の中の虚弱という意味で、フレイルとも大きな関係性があ「、要介護状態、寝たきり状態を早めてしまう重大な原因であるとして、近年とても注目されています。

 お口には「食べる」「飲み込む」「息をする」「コミュニケーション」「唾液の分泌」なぉという様々な機能がありますが、それらの役割をうまく使いこなせなくなったと感じたらオーラルフレイルの前兆です。

 こうしたお口に関わる小さな衰えが、オーラルフレイル、そして、その先のフレイル、要介護状態、寝たきりと負のスパイラルに繋がってしまうかとしれません。

 オーラルフレイルが進むと口腔機能低下症という段階になります。そして自分で食べ物を噛み砕いて飲み込む事が難しくなる摂食嚥下障害という状態になってしまいます。