インプラント治療は十分な基礎知識と技術を持って行われれば非常に安全性の高い手術です。
インプラント治療を安全に行うために重要なポイントは、手術前にしっか りとした診断を行うことです。インプラントを埋入する顎の骨の形態をしっ かり把握する必要があります。
そのために現在では、CTスキャンの撮影を行うことにより顎の骨の形態を三次元的にしっかりと確認することが強く推奨されます。 下の顎の場合、奥歯の付近には、骨の中に下歯槽神経という顎先の感覚に関係する神経が通っています。この神経を傷つけないように、そして当然インプラントが骨の中にしっかり収まるようにインプラントの埋入が計画さ れ、そのとおり実行されなければなりません。
上の顎の場合、奥歯の付近には上顎洞という空洞があります。上顎洞まで のスペースにインプラントを入れられるか、術前にしっかりと診断されなけ ればなりません。
顎の骨がインプラントを入れるために不十分な場合は、あらかじめ骨の移植等が必要なこともあります。
体の中にインプラントという異物を埋め込むわけですから、手術は通常の歯科治療以上に清潔に行われる必要があります。使われるインプラント体はメーカーによって完全滅菌され、顎の中に入れられる寸前に開封されます。したがって、手術途中で通常の歯科治療のように口をゆすいだりはできなくなります。
全身的な疾患や状態がインプラントの手術に影響を与えたり、逆にインプ ラントの手術が全身の疾患に影響を与えることがありますので、全身的な現在の病気、内服中の薬、過去にかかった大きな病気等の情報はあらかじめかならずインプラントを行う歯科医に伝えてください。


万が一インプラントがダメになっても
骨の質が悪かったり過度の力がかかったりなどの理由によって、残念なが らインプラントを取り除かなければならない場合があります。 その場合には、歯を抜くのと同じ程度の処置でインプラントは取り除くことができます。
インプラントを取り除いた後は、 インプラントが埋まっていた骨の治りを待ち、治療後骨量が十分にあれば再度インプラントを入れられることもあります。